占い師 コラム

占い師ご紹介

霊感・霊視占い
タロット占い
西洋占星術
その他

その他

運営会社
ホームページ制作 Magnetic Labo
所在地
山梨県甲府市岩窪町333-12
ハイム三井203
運営責任者
田中 亜希子
お問い合わせ
info@mail-de-labo.com

占い師のみなさんによるコラムです

占い師とは・・・!鑑定してもらう人にも先生たちの事を知ってもらいたいのです!

占い師コラム

Soothsayer

New Voice

Past

RSS FEED

占い師を信用して依頼できてますか?

こんにちは。
段々秋めいてきましたね。

今回は私がこの仕事をして感じていたことについて
皆さんとシェアできればと
占い師としての意見とお客様の立場としての意見と
双方から考えて行きたいと思います。

占いを受ける際
「相談内容をどこまで詳しく話すか?」
という問題があります。

そこで“詳細を話したくない”と思われているお客様の
理由を挙げてみると
・ 占い師の主観や持論が入ると嫌だから
・ 詳しく言ったら占わなくても答えがわかってしまう
それじゃ友達に相談するのと変わらないから
・ コールドリーディングになるのが嫌
・ 敢えて情報を少なくすることでこちらが言ってないことまで
言い当てられるか確かめたい

<ちょっと番外編>
・ 説明すると文字数や時間が長くなって鑑定料金が上がるのが嫌
・ 自分のことを長々説明するのは面倒、しんどい

・・こんなところかな?と思いますが
他にもありましたら私が知らないだけですのですみません。

番外編はおいといて上の4つについて。

初めて依頼するのであれば仕方ない面もありますが
主観やコールドになると嫌と予防線を張りたくなるのは
言い換えればその占い師を信用できてないということですよね?

主観で言ってくるんじゃ?
本当は占える実力ないのに推測で答えを返してくるんじゃ?
なんて疑惑が拭えない相手にお金を払って占いを依頼する
なんて、お金勿体無くないですか??
私なら(裕福じゃないし 笑)そんな相手にお金を払うのは御免ですね。

或いは一番最後の「言い当てられるか確かめたい」であれば
体調不良で病院へ行って自覚症状をあえて一部隠す
(ノーヒントで病気当てられるかな〜?)
家を建てたくて建築会社へ依頼したけど
どんな家がいいか詳細を言わない
(プロなら客のニーズくらい分かるでしょ?)
ってやっちゃったら、その後のリスク凄く怖くないですか?(苦笑
適切な検査ができず病気を見落としてしまったり
何十年のローン組んで建てた家がニーズに合わず失敗だったり
シャレになりませんよね。

占いと病院、家の建築では話の次元が違いますが
「試すために敢えて隠す行為」
にリスクを孕むのは共通に見えます。

仕事として対価を払うのであれば
信頼のおける人に頼むのが後味も良いのではないでしょうか。
信頼がおけるというのはこの人の言うことは絶対に当たるから!
という意味だけでなく、
この人がこう言うんだから、こういう結果が出たってことなんだろう
と納得できる人柄の相手に依頼するという意味ですね。

誰が信頼できる分からないので
信頼できる人を探してる、という状況であれば
占いならば普通に相談内容をお話して占ってもらい
結果にどうしても疑念が湧いてしまうなら
次から依頼しないのが良いと思います。
(というかしないでしょうけどね(苦笑))

ではここで視点を変えて占い師視点で見てみます。
お客様の疑惑、疑念について
“依頼した占い師を信用しきれてない”
という前提で例を出します。
※ コラムのための完全フィクションですので
実際にあったご相談ではありません。

あるお客様Aさんは読書が好きで図書館へ通っていました。
そこで働いていた司書さんに片思いするようになりました。
まだ個人的に話したことはありません。
相手は指輪をしているので既婚のようだ。
今すぐアタックしたら恋が叶うか占って欲しい、
という内容だったとします。

そこで「叶わない」という結果がでたとします。
その結果を見てAさんが
「あの占い師は図書館で恋愛なんて有り得ないと
先入観や主観で答えてる」
と言い出したらどうでしょう?

信用いただけてないと
状況的に叶えるのが難しそうな相談に対して
無理そうという答えが出せない(出すと主観っていわれる)なら
常に「意外や意外叶いますよ!」という結果を出し続けると
上の例だと日本中の図書館が出会いだらけ
ということになってしまいますが
逆にその方が、あげ鑑定みたいで信用できなくないですか?

(実際占いはyesかnoか、オールオアナッシングの結果ばかりではないので
コラムのために極端な言い方をしています)

そしてもし、このAさんが自分のプライベートの友達だったとして
友達から直接このお話を聞かされたらどう思うでしょう?
依頼したのがよほど怪しげな占い師(?)でない限り
状況など知ってる上で客観的に聞いたら
「まぁ、占ってそういう結果が出たんだろう」
とおそらく感じるのではないでしょうか。

この例はAさんが悪いということではありません。
問題は信用してない相手に依頼すると、自分にとって良くない方向に
考えが歪んでしまうこともあるという点です。

但し、主観で言ってると捉えられても仕方がないのかな
と思えるケースもあります。
相談内容からして想定できることを言われて
それが明らかに外れていた場合です。

具体例を挙げますと(これまたフィクション登場 笑)
自分が職場の同性の同僚との人間関係に悩んでいます。
こうこうこんなことがあってギクシャクしてうまくいってません。
ちなみに設定は自分が独身、同僚たちは既婚。
ここまで話して占いを依頼しました。

そこで
「貴方は既婚で幸せな家庭のある同僚を妬んでる。
妬みの気持ちがあるから人間関係がうまく行かない」
と結果を言われたとしますよね。

ですが実際自分は全く結婚願望がなかったり
結婚したくないという理由で恋人と別れていたり
結婚してる同僚たちは家庭がうまくいっておらず別居してる
という現状だったりすると
“妬み”は物理的に発生しづらい訳で
「独身者は既婚者を幸せで羨ましいと思っているものだ」
という主観や一般論で言われたと咎められも仕方ないのかなと思います。
(単純に外れたというだけじゃなくてね)
こういうケースであれば、お客様には全く非がないと私は思ってます。

長文かつ話が飛び飛びでややこしくなってしまいましたが
纏めますと
・ 信用できる占い師に依頼をした方が後味も良いのでは?
・ 意外な結果じゃない = 主観や一般論やコールド
とは限らず本当に占ってそういう結果が出たのかもしれない。
そう思えず疑念が湧くのは相手を信用できていないからでは?
信用できる占い師にみて貰ったら
同じ結果でも納得できたのでは?
・ 試すために隠す行為は自分にリスクが返ってくることがある

・ 但し例外もあって、想定できる内容を言われ
それが当たってない場合はさすがにお客様には非がない
(でも、占い師が必要としてる情報は
ある程度提供してあげてくださいね)

ということではないかなと思います。

よろしければ、占いを依頼する際に
考えてみてくださいね

—————————-★—————————-
瑠璃先生からのコラムでした。

瑠璃先生のページはこちらです。

ブログランキング 占いへ

人気ブログランキングへ

2018年8月24日4:36 AM | Soothsayer: 瑠璃(ルリ)先生

pagetop