占い師 コラム

占い師ご紹介

霊感・霊視占い
タロット占い
西洋占星術
その他

その他

運営会社
ホームページ制作 Magnetic Labo
所在地
山梨県甲府市岩窪町333-12
ハイム三井203
運営責任者
田中 亜希子
お問い合わせ
info@mail-de-labo.com

占い師のみなさんによるコラムです

占い師とは・・・!鑑定してもらう人にも先生たちの事を知ってもらいたいのです!

占い師コラム

Soothsayer

New Voice

Past

RSS FEED

人を認めること

こんにちは。
毎日暑い日々が続いておりますが
皆さまお元気でいらっしゃいますでしょうか。

今日は、私の好きなyoutubeチャンネルの動画を見ていて
感じたことをお話したいと思います。

私は海外に住んでいる日本人の方が
作った動画を見るのが好きなんですが
最近は、外国人の奥様と日本人のご主人
という組み合わせで国際結婚されたご夫婦の
チャンネルをいくつか見ています。

皆さんとても仲良くされているんですけど
動画を見ていて一番に感じるのは
とにかく、ご主人が物凄~く優しい!(笑

優しいというのは家族サービスしてくれる
という意味ではありません。
相手に対しすっごく寛大という意味です。

そりゃ国際結婚だもの、
寛大じゃなきゃできないでしょう
寛大になりたくなければ外国のお嫁さんもらわないでしょう
と言われたらその通りなんですが

そもそもが
”違っていて当たり前”
からスタートしてるお二人ですので
価値観、文化、常識、言葉の表現etc 何においても
「異なることは悪いこと」
という概念を持ってない(取っ払った)
のではと思うんですね。

タロットカードの”力”も
人をやっつける・打ち負かす力ではなく
相手に寄り添う”精神力、優しさ”を示すカードです。

相手を理解する心って、
不可能を可能にしてしまうくらいの
強い力をもっているものだなぁ~とつくづく感じます。

ここで話の視点は変わりますが、
日本の人ってどうしても、
一人一人の違い、個性を認めることが
若干苦手ですよね。
違うことは悪いこと、みんな同じがいい
協調性や和を大切に。
という精神がどこかに残っている気がします。

自分は人と違う… 多数派と違う…
そういうことで悩んだり
疎外感、孤立感を感じたことって
誰しも一度はあるんじゃないでしょうか。

巷でよく言われるのは
自分らしくとか、ありのままでとか
自分は自分でよし♪
など、自分に関するものが多いですが

国際結婚ご夫婦をみていて
ふと思ったんですけど
多分日本の方が一番苦手とするのは
他人と違う自分を認める(許す)ことではなく
自分と異なる価値観を持った”相手を認めること”
ではないでしょうか?

自分とは異なるけれど、相手は相手でよしとする
(自分は自分のやり方があるので、真似はしないけど)
というのが、中々うまくできない気がします。
違うと、何か一言言いたくなっちゃったりとかね(笑)

多分そこのところができないばかりに
今度は「他人と違う自分は悪い…」
と自分の悩みとして回ってきてるように感じます。
(ケースバイケースですので
 これとは違う場合もあるでしょうが)

自分のやったことって、巡り巡って
いつか自分に返ってくるもの。

世の中の人が
「人は人でいい」
という精神をもっと持てるようになったら
自分は人と違う、と
悩む人もいなくなる気がします。

自分自身が楽に心地よく生きられるためにも
他人の個性を認める、人は人でよしとする
ってすごい大事なことかもな、と
超寛大なご主人の、優しい笑顔を見ていると感じました(笑



—————————-★—————————-
瑠璃(ルリ)先生からのコラムでした。

瑠璃(ルリ)先生のページはこちらです。

ブログランキング 占いへ

人気ブログランキングへ

2016年8月10日5:42 AM | Soothsayer: 瑠璃(ルリ)先生

pagetop