占い師 コラム

占い師ご紹介

霊感・霊視占い
タロット占い
西洋占星術
その他

その他

運営会社
ホームページ制作 Magnetic Labo
所在地
山梨県甲府市岩窪町333-12
ハイム三井203
運営責任者
田中 亜希子
お問い合わせ
info@mail-de-labo.com

占い師のみなさんによるコラムです

占い師とは・・・!鑑定してもらう人にも先生たちの事を知ってもらいたいのです!

占い師コラム

Soothsayer

New Voice

Past

RSS FEED

気持ち

初めましての方も初めてじゃない方も、いつもお世話になっております。識浦と書いて「しほ」でございます。

暖かくなったり寒くなったり、日々移ろう陽気に体調を崩してしまう方も多いのではないでしょうか。

本当に健康第一ですから、自分のことを1番に労ってあげてくださいね。

さて、今回はじめて私、コラムを書かせていただきました。

最近とくに考えていることのひとつを書いてみたいと思います。

それは、気持ちというものについてです。

気持ちって形では見えないものです。
口にしたら逆のことを言ってしまったりして、本音ってなかなか伝えることができなかったりしますよね。

そして、相手の気持ちが見えないから猜疑心が生まれるし、疑心暗鬼にもなるわけです。
相手の気持ちが手に取るようにわかればこの不安からは解放されるかもしれませんが、なかなかそううまくはいきません。

ましてや、人の気持ちが読めないのに、自分の気持ちがちゃんと伝わっているかなんてもっと分からないです。

かといって、「ちゃんと私の気持ち伝わってる?」と質問するのもナンセンスですよね。
逆に相手を不愉快にさせてしまうかもしれません。

しかし、心と心で本音と本音で話ができたとして、相手の気持ちがはっきりと理解できたとき、自分の中の不安はなくなるのでしょうか。

そう考えたとき、私はもしかすると自分の心に不安が生まれる原因というのは、相手の気持ちが分かる分からないの問題ではないのではないかという結論に至るのです。

相手の気持ちが分かりたいのは、自分を理解してほしいと思うからです。

だったら、相手の気持ちが分かったところで自分を理解してくれていないなら、それは意思疎通が測れたことにはならないし、疑心暗鬼も猜疑心も拭えることにはなりません。

だから、相手の気持ちを知りたいと思うなら、相手のことを理解したいという気持ちがあるなら、自分にも素直になって自分の気持ちを再確認することからはじめるべきなのかもしれないですね。

だって、相手の気持ちを知りたいということは、「自分を理解して欲しいと思うから」ですから。

自分の正直な気持ちが見えた時には、相手の気持ちも見えてくるかも!

人間って本当に神秘です。
心がいつも穏やかで暖かな温もりがありますように。

識浦

—————————-★—————————-
識浦(しほ)先生からのコラムでした。

識浦(しほ)先生のページはこちらです。

ブログランキング 占いへ

人気ブログランキングへ

2016年3月14日10:08 AM | Soothsayer: 識浦(しほ)先生

pagetop