占い師紹介

占い師ご紹介

霊感・霊視占い
タロット占い
西洋占星術
その他

その他

運営会社
ホームページ制作 Magnetic Labo
所在地
山梨県甲府市岩窪町333-12
ハイム三井203
運営責任者
田中 亜希子
お問い合わせ
info@mail-de-labo.com

メール De ラボに所属する占い師を紹介します

   荒城(オグシロ)アコ先生によるメール鑑定

プレミアムメール鑑定

鑑定ご依頼はこちらから   |1,500円コース2,000円コース3,500円コース5,000円コース
メールからも鑑定依頼ができます。サンプルはこちら

占い師    みっきー☆先生 のメール鑑定

鑑定士名 荒城(オグシロ)アコ先生

メール鑑定サンプル

プレミアムメール鑑定のみ受付となります。

初めまして。
荒城(オグシロ)アコと申します。

冒頭でお伝えしたように、私の一族は代々、占い師・まじない師・祈祷師と一般的に言われる役割を担ってきました。私も中学生のころより本格的に皆様のお悩み解決に力を注いで参りました。

私が行う霊視は『魂(コン)読み』と申しまして、魂の状態を色に例えてお伝えしております。
近年のオーラと近しいものであるとお考え下さい。

魂に同じ色はありません。たとえば同じ赤でも、うねる炎のような煌めきを孕んでいたり、
一輪の彼岸花のような妖艶な色彩を帯びていたりとその奥深い美しさは個人やそのおかれている状況によって全く異なります。
その繊細な機微を読み解くことによって、魂が向かっている運命をよみます。

そして時に、このような素晴らしい魂が霧の中にひとりぼっちにされたような不安に包まれたり、
まるで永遠に沼の底に沈んでしまったかのような苦痛を味わうことがあります。
そんな時にそっと傷を癒すとともに、共に進む先をあなたと探していきたいのです。

ご存じの方もいらっしゃる通り、運命は川のごとく分岐し、刻々と変化をいたします。
その流れる路をつくるのはあなたの現在の魂のありかたです。
すでに時遅く、仮に大きく行き着くその先があなたの現在望まぬ路しか残されていない場合でも、少しでも安らぎや新たなる希望に近づけていくことができます。

ちょっとした不安から大きな苦難まであなたに寄り添い誠実にお答えします。
宜しくお願い致します。

 

★ささやかな祈祷もおこなっております

ご希望の場合、本来のご依頼とは別に近日の運勢を上昇させる、あなたの身近にあるモノを無料鑑定し、その対象に私の祈りを込めます。
「祈祷希望」と一言添えてください。

無料鑑定 実績

荒城(オグシロ)アコ先生の無料鑑定参加実績です。占い師を選ぶ際の参考にしてくださいませ。
荒城(オグシロ)アコ先生へのお客様の声はこちら

会社員をやっています。妻が妊娠している可能性があります。もし、そうだと妊娠1ヶ月だとなるのであせっています。実は3年半前に一度経済的な理由で中絶していて今度は産んでほしいと思っています。

しかし、就職難と専門学校でのスキル向上のために借金したため、あまりに多額な借金になり収入はほとんど支払いに消えて一切貯金が出来ない状態です。

しかも、あと10年は払い続ける借金なのでまったく生活に余裕がないのです。妻も収入が月に数万円程度で肉体的に大病はないものの体調が不安定で家事で精一杯です。家族からの援助もあてには出来ません。子育ての余裕がないと思います。

会社自体もその年の決算までの売り上げでボーナスの金額が上下して当てにしづらいです。入っても下手したら給料にプラス10~20万行けばよいほうです。でも、日々の支払いで消えていくかと思います。

産むとしたら来年の1月当たりになりそうな感じがありますが決心がついていません。また、中絶させるのもかわいそうですし妻の肉体に負荷がかかるので嫌だなと思っています。出来れば子どもは持ちたいのです。今住んでいるところもアパートで狭い過ぎるため引越しもしたいと考えています。

出産する方向で考えると上手くやっていけそうか占ってほしいです。よろしくお願いします。

妻:19xx年xx月xx日 xx生まれ
私:xx生まれ
出来れば3~5日以内鑑定結果を下さるとありがたいです。

○○様

○○さん、こんにちは。
荒城アコと申します。
ご不安な心中、お察し申し上げます。
早速、鑑定結果をお伝えいたします。

まだ検査はされていないでしょうか?予定日当日からでも使える検査薬がありますので、お使いくださいね。

とても経済的に厳しい状況のなかとは存じますが、もしお子様がこのまま育つようであれば、お産みになる路を選ばれるのが宜しいかと思います。

あなたの魂も、奥様の魂も、不安定になりがちでやや弱々しい傾向があり、経済的な理由以外にも子どもを持つことへの心的葛藤多いようですね。
しかし、実際に目の前に守る者がはっきりと認識出来た時、ガラリと色を変える可能性を秘めています。
決して、父として、母として不適な魂の器ではありません。

経済的にもすぐに逆境を抜けるわけではありませんが、あなたが思っているよりは、追い詰められる状況にはならないでしょう。
むしろ、数年内に何らかの打開策があなたの内か、現状かに沸き起こる可能性が高いです。

それよりも気になるのは、宿っているかもしれないという命が、あまり感じられないことです。

ただ単にお二人に、心からの祝福が出来づらい状況のためにその魂が黙殺され感知出来ないのか、それとも育つ運命にないのかがまだ分からないのですが、もし妊娠を継続希望されるのであれば、むしろ、とても慎重に妊娠生活を送られることをおすすめします。

妊娠すれば必ず産まれるというわけではありません。三割は母体のせいではなく、魂が居つかず離れてしまいます。それだけ、命を成すということは尊いものです。

とてもお辛い話にはなりますが、お腹のなかにいる状態だとしても、命は、既に立派な命です。
自身の都合で子どもをなす行為を行ったにも関わらず、『殺す』ということは、想像されている以上に業が深いです。

これは神や仏の罰という意味ではなく、ご自分の魂が深く穢れるということです。深く穢れると、平穏で実り多い人生を送ることが難しくなります。

産む以上は、相応でない環境で無いと可哀想なのでは、と思われるお気持ちは分かるのですが、もし、心の底から望まれないのであれば、今後は確実なる避妊をされることをお勧め致します。

母体への影響も勿論ですが、お二人の魂のためにも、あなたのお子さんとなる魂のためにも、自分たちがどうなろうと何が何でもこの子を育てるのだ、という意思をもって頂ければと願います。

最後に、ご夫婦の今後と、以前お亡くなりになられたお子様の魂に平安と多幸あらんことを祈願させて頂きます。
愛に溢れた良き人生を送られますよう、お祈り申し上げます。

アコ

はじめまして。○○と申します。
将来の進路について相談があります。
僕は仏教系の大学に通っており、今年大学を卒業しました。今はお寺のアルバイトをしています。将来的に僧侶になろうと思っているのですが、上がり症がひどく人前で発表が出来ない状態です。1年ほど前から瞑想をやり始め、少しずつ良くなてきているのですが、今後僧侶としてやっていけるのか自信がありません。なので、実家に戻って普通の職業につこうかとも思っています。
将来的には瞑想などの仕事につきたいと思っています。
それと、最近なぜか批判される出来事が多く、すごく落ち込んでしまっています。今までならそれほど落ち込むということはなかったのですが、最近は異常に落ち込んでしまって生きていく自信さえなくなってきてしまっています。
これらの出来事は何か意味があるのでしょうか?
お忙しいところ、申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

○○様

 

はじめまして。荒城アコと申します。
毎日、暑い中ご修行お疲れ様でございます。

○○様はご自分が僧侶に向いていない、なるべきではないのでは、と感じていらっしゃるとのことですが…

とんでもありません。
あなたの魂は、既に僧侶様です。

わたしは仕事柄、様々な宗教家の方々の魂に触れさせて頂いたことがありますが、
仏教的に申しますと、徳の高い方々に共通することとして、
魂が水底で煌めく砂金のようなきらめきを帯びている、
ということが見受けられます。
大変徳の高い方ですと、満点の星空に浮かんでいるような感動を覚えます。

○○様にはその器があり、またどんなに遠回りをしても宿命的に
仏様の御許に携わることになるでしょう。
どうか、自信と覚悟をお持ちください。

あなたが懸念されている、あがってしまって上手く話せないことの原因の一つとして、
○○様の魂の色が持つ性質が、非常に世俗的な関心ごとに囚われやすく、
また霊的な能力をもちにくいものである、ということが心の底で負い目になっている可能性があります。
外国のキャンディーのようなポップで可愛らしい(ごめんなさい)ピンクですね。

つまり、実際の適性とは裏腹に、表面的に感じる自分の性格を、まったく仏門に下っているものとして
あるまじきものであると感じることが多いのではないでしょうか。
確かに、心の舵取りはこれからも苦手である可能性はおおいにありますが、
非常に高名な方でも、とても人間くさく、揺れやすく、迷いが多い方は沢山いらっしゃいます。
しかし、それを自覚した上で修行を続けている限り、厚い信仰心や人を正しき道に導く能力には
全く支障をきたすものではありません。

次に、批判が多いということについてですが、申し上げておりますように
あなたには非常に優れた魂をお持ちです。
それゆえに、アラが目立つのです。
ボロ布にほころびがあっても気になりませんが、絹の布がほつれているのは
何だか期待を裏切られたようでがっかりしてしまうのです。

もちろん、嫉妬やつまらぬ悪意での言われなきことも沢山あるでしょうが、
もしその中に、受け入れてもいいかな、と思えるものがあったら
少しづつ目を向けるようにしてみては如何でしょうか。

批判を受け入れることの最大のポイントはあなたがあなたの魂を
信じることです。ともかくも、ご自分を咎人のように
責めるのを一刻も早くおやめください。今起こっていることはあなたを
一流の僧侶に高めようと昇る階段の辛さです。

 

では最後に、あなたが自分を信じる手助けになるお手伝いをさせてください。
ご自身の「影」を見てください。太陽の逆向きにある影は、
確かにそのものが存在しているという証です。

あなたの人生が、よりよきものとなりますように。

アコ

pagetop