占い師紹介

占い師ご紹介

霊感・霊視占い
タロット占い
西洋占星術
その他

その他

運営会社
ホームページ制作 Magnetic Labo
所在地
山梨県甲府市岩窪町333-12
ハイム三井203
運営責任者
田中 亜希子
お問い合わせ
info@mail-de-labo.com

メール De ラボに所属する占い師を紹介します

   李真彦先生によるメール鑑定

鑑定ご依頼はこちらから   |1,500円コース2,000円コース3,500円コース5,000円コース
メールからも鑑定依頼ができます。サンプルはこちら

占い師    李真彦先生 のメール鑑定
先生のお客様の声を見る


鑑定士名 李真彦先生
性別 男性
鑑定暦 満18年
主な占術 主に九星気学。 そのほかに人相学・筆跡心理学・六壬神課・開運法
お聞き
したい事
生年月日
得意な
相談内容
人生相談・バイオリズム・開運法・トラブル回避・トラブル相談・人間関係
鑑定後
質問受付
1回なら質問を受け付けます。

メール鑑定サンプル

元刑事です。

11年間詐欺を取り締まる知能犯刑事をやってきましたが、
その間に嘘を見破る方法として、筆跡心理学と人相学を習得しました。

人の嘘を見破ることを繰り返し、そして多くの人の相談を受け、人そのものを観ることに興味がわくようになり、
占いの世界に魅了されて、本格的に弟子入りして九星気学を習得しました。

九星気学は、方位開運としての技法だけではなく、生まれ持った天命を観る傾斜法及び天縁法、
そして年月日未来のバイオリズムと運勢を観る同会法、吉凶を占う日盤鑑定法、
開運技法に関する方位術・五局開運法、自宅等の建物を観ることのできる家相術など
様々なジャンルに対応することができます。

私は師匠からこういった九星気学の真髄を習う幸運を得たことから、
貴重な技法すべてを習得することができました。

その後化学物質過敏症を発症したことから、現役を退いて早期退職し、
現在台湾で開運技法と六壬神課、風水について独自に研究しながら、手相の先生に口伝を学んでいます。

台湾ではご縁があり、筆跡心理学と人相学を駆使したスナップジャッジメント(瞬間読心術)について
出版の話が具体的になり、現在調整中のところまできました。

台湾である程度の形を出せたら、日本にも私独自のスナップジャッジメントを展開したいと考えています。

占いは、生涯学びと研究が必要な学問です。

依頼者にアドバイスを与えるからには、日々錬磨していかなくてはなりません。

私はそのことを常に肝に命じ、占いを含めて様々な学問に取り組み、
今後さらによりよいアドバイスのできる占い師になるため修練を重ねています。

ご縁のある方を大事にしながら、徳を積み重ねていく所存です。

無料鑑定 実績

李真彦先生の無料鑑定参加実績です。占い師を選ぶ際の参考にしてくださいませ。
李真彦先生によるお客様の声はこちらです

今日は私の勤め先の社長の件で、
鑑定お願いしたくて、メール差し上げました。

私は、この会社で16年間事務をしています。
社長を入れて、9名
5名は、派遣に出ています。

会社は、ソフト開発の仕事です。

残り、2名が部屋で開発業務です。

小さな会社で、仕事も今無いのも、ありますが、借金もしながら
もう閉めようかとも言っていた矢先、先週の健康診断で、社長の
胸のレントゲンで、腫瘍が見つかりました。

CTに入り、今は紹介状で、がんセンターに行き、検査検査で、
MRからPETの予約も入っています。

もう、闇に入って、沈み、今毎日が針のむしろ状態です。

何か言って上げたくても、言葉が見つからず、もし悪い結果がと思うと、
入院で済めばいいですが、最悪の状態になることになればとも思っています。

この会社は、跡継ぎも、片腕になる人もいません。
鑑定をお願いします。

○○様、今回のご相談相当お悩みになられたのではないでしょうか。

私も話を聞き、真摯に受け止めています。

今回□□様のことについては、九星気学の傾斜法と同会法、方位術を使って鑑定させていただきました。

□□様は本命一白水星、月命一白水星で、傾斜宮は離宮傾斜です。

元々感情の起伏がかなり激しい性質の方のはずですが、社長の立場から辛い時も耐え忍び、
地道に努力してコツコツやってこられた方なのでしょう。

そういったことが出ています。

そして、同会法から観ると□□様は来年が変化の年です。

変化の年には、例えば職業の変化や住居の変化など、本人の環境について変化が起きやすい傾向にあります。

しかし、今回の変化は悪い方向への変化とは出ていません。

よって万が一入院されることになっても、病気が悪化していくような悪い方向へ進むことはなさそうです。


今回のご相談では、私は開運技法を使うのが一番重要だと考えています。

九星気学には、様々な開運技法がありますが、御病気の場合は、本格的に方位開運を使用することが重要になります。

健康運を上げる開運方位は北にありますが、年によっては使えないときもあります。

□□様は、今年も来年も北の方位を使うことができます。

この方位を使って、実際に何をするかと言うと、自宅を基準にして北の方向へ旅行することです。

2泊以上されることが効果的です。

旅行先で、絶対にやっていただきたいのは、温泉に入ることです。

温泉には、陰陽五行説の五行全てが含まれており、その力と方位の力を体に蓄えると、
相乗効果をはかることができるからです。

そして、その土地の美味しいものを食べて楽しむ事が、方位の有効な使い方になります。

巷ではパワースポットがもてはやされていますが、究極のパワースポットは、
個人個人がきちんと開運方位を計測してその方向に行くことです。

これに勝るパワースポットはありません。

対面鑑定ではないため、方位に関するアドバイスが十分ではありませんが、
http://h200.com/houi/のホームページから、簡単に方位を割り出すことができます。

この方位を使うことによって、健康運を上げることができます。

□□様のご多幸に、少しでも力になれたら幸いです。

pagetop