鑑定が出来ない場合の例

占い師ご紹介

霊感・霊視占い
タロット占い
西洋占星術
その他

その他

運営会社
ホームページ制作 Magnetic Labo
所在地
山梨県甲府市岩窪町333-12
ハイム三井203
運営責任者
田中 亜希子
お問い合わせ
info@mail-de-labo.com

鑑定が出来ない場合のサンプルをご紹介します

ご相談の内容に応じて

どんなご相談も受け付けます。

誠実に対応いたします。

悩みを解決します。

そのような事を御伝えしていても、

ご相談の内容に応じては、鑑定が出来ない事例がございます。

下記の内容に当てはまると判断した場合、占い師の先生の判断により鑑定をお断りする可能性がありますことを
事前にお伝えさせていただきます。

鑑定が出来ない場合の例

※失せ物・人探しに関するご相談
※人の生死に関すること
※犯罪性のあること
※試験などの合否に関すること
※ギャンブル・株・投資などのご相談
※同業者の勧誘・情報収集と判明した場合
※相談とはかけ離れた内容である場合
※個人的すぎる内容
※個人や企業に不利益となるような情報に関わる内容
※相手を陥れるような内容
※占いの範疇を超えた内容
※霊的に悪影響を及ぼす可能性がある場合

★こちらの事例につきましては、以後も増える可能性がございます。

感受性の高い先生は特別に感じ取ってしまう場合があります

感受性の高い先生は、お客様のご相談をご自身のお悩みのように感じ取ってしまい、
その後、ご体調を崩されたり、鑑定が不能となるような体調の変化がある場合もあります。

ご相談内容を確認した時点で、そのような感覚を覚え、特別な理由が無く

この相談はお断りしたい」 となる場合も稀にございます。

そうなった場合には管理人よりお知らせをさせていただきます。

特別悪い物がある訳ではなく、
占い師の先生と、お客様との間の波長的なものの「相性」がありますので、
お気になさらずに、別の先生へ変更をされるか、またはキャンセルされるか・・・の選択をお願いします。

霊の存在が拒否する場合

過去にこのような事例がありました。

この鑑定を受けて、結果を本人に伝える事は、

「本人の為にならない」 ・ 「伝えてはならない」

と霊からのお言葉があり、鑑定を進めることが出来ない・・・という事がございました。

そのような事も実際にございます。
その場合にも、先生のご配慮の上、ご都合により鑑定が出来ない・・・とお断りすることがございます。

占い師の先生の急病の場合

メール鑑定を受けていても、突然の急病により、ご入院されてしまい連絡が取れなくなってしまった・・・という事があります。

その場合には、何度かご連絡をしても音信不通になってしまう場合がございます。
(その場合は、管理人からお客様へご連絡をさせていただきます)

大変ご迷惑をおかけしますが、キャンセル、もしくは別の先生へのご依頼をお願いします。

pagetop