占い師の先生ご紹介

哲才(テッサイ)先生

特に四柱推命。その他、姓名判断、気学、手相など

1メール鑑定 5,000円 / 受付上限5人まで

はじめまして。
普段は静岡の自宅で口コミのみの対面鑑定を行っております、哲才(てっさい)と申します。

全ての人が自分らしく前向きに生きるお手伝いをしたいと思い、日夜鑑定を行っておりますが、対面以外でもご利用いただく場所を作りたいと思い、本サイトに辿りつきました。鑑定結果を分かりやすく伝えることを常に心がけております。

さて、運勢には「先天運(生まれたときに決まる運勢)」と「後天運(生まれたあとに変わっていく運勢)」があります。

運勢には浮き沈みがあり、運勢が良いときには障害なく何事もうまく進み、運勢が悪いときには、何らかの障害が起こる可能性が高くなります。
つまり、仕事・恋愛・家庭などあらゆることについて、運勢が良いときに行動し、運勢が悪いときは動かずに次の行動に向けた準備をすることで、様々な事を障害なく進めることができるということになります。

私の占いでは、占いの帝王(的中率が高いが習得が難しい)である『四柱推命』で先天運を、『姓名判断』で後天運を、『九星気学』で先天運と後天運の両方をみて、運気の流れを正確に読み取り、具体的な日時を提示し、「いつ」、「何を」すべきか、相談内容に応じて個人に合わせた「具体的」で「わかりやすい」アドバイスを行います。

行動を起こすタイミングに迷われている方、現状に満足はしていないが動き方が分からない方など、力になれるかと思います。

また、相性、健康、引越しや旅行の吉方などについても鑑定可能です。

鑑定結果を分かりやすくお伝えすることで、ご依頼者様の不安やモヤモヤした気持ちを取り除き、鑑定後には前向きな気持ちになっていただくよう、一人一人丁寧に対応させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

鑑定開始 2008年~
コラム 最新のコラムはこちら
お客様の声 哲才先生のお客様の声

御依頼時にお客様にお聞きしておきたい事

名前(フルネームで漢字と読み)・生年月日(わかる方は出生時刻)・性別

得意な相談内容

運勢全般、恋愛、結婚、仕事、吉日、金運、健康、子ども、吉方など

鑑定後の質問受付について

2回まで受付します。

メール鑑定サンプル

相談:好きな人がいるのですが、相手は私のことをどう思っていますか?

好きな人がいるのですが、相手は私のことをどう思っていますか?
恋愛感情はありますか?この先付き合えますか?
相手の名前:□□□ □□

鑑定よろしくお願い致します。

哲才先生先生からの鑑定結果

○○さん、はじめまして。哲才と申します。今日はよろしくお願いいたします。

早速ですが、□□さんが○○さんのことをどう思っているか、この先のお付き合いの可能性についてお伝えいたします。

□□さんは、○○さんの周囲に対して細かく神経を行き届かせるところと、何事も中途半端にしたり無責任になったりすることを嫌う性格に好感を持っています。ただし、□□さんは好きな相手が現れたときには、とても分かりやすく積極的な行動を起こすタイプで、現在のところ○○さんに対する感情は好意的であるものの、恋愛感情までは至っていません。

この先のお付き合いの可能性ですが、2人がお付き合いする場合は、○○さんからではなく、□□さんから○○さんへの猛烈なアタックから交際が始まります。そのため、□□さんの○○さんへの好意を現在よりさらに高める必要があります。□□さんは押しに弱い一面を持っていることと、○○さんは普段は恋愛に対して受け身であるものの勝負のときには積極的に行動を起こせる星を持っているので、□□さんへ積極的なアプローチをすることをお勧めいたします。ただし、直接気持ちを伝えるのではなく、□□さんからのアタックを引き出すため、あくまでも距離を縮めることを意識してください。8月、9月では、8/14、8/21、8/31、9/3、9/8、9/13、9/19、9/28が距離を縮めるのに良い日となります。お話をしたりメールをしたりするのも良いですし、距離が近づいてきたら、食事をしたりどこかに出かけたりする日に設定しても良いです。○○さんが距離を縮める努力を続けていると、気づいたときには□□さんからのアタックが始まっていることでしょう。

以上が相談内容に対する鑑定結果となりますが、○○さんの運勢を鑑定していて、どうしてもお伝えしたいことがありましたので、追記いたします。

実は○○さんは強力な異性運の持ち主で、夫となる優しい男性と必ず巡り合える星のもと生まれてきました。その男性は、○○さんの、人を警戒するところや考えすぎるところもすべて受け入れた上で○○さんのことを愛してくれます。その男性との出逢いの時期は、2014年8月下旬、2014年10月、2015年1月のいずれかです。

真面目な○○さんにとっては、少しずるく聞こえるかもしれませんが、□□さんへのアプローチを続けながらも、周りへのアンテナを立てておき、その男性と巡り合ったときに恋愛・結婚の勝負をどちらの男性にかけるか、再度判断するのが、○○さんにとって一番幸せになれる方法といえます。

鑑定について以上となります。進展があったときなど、また何か相談したいことが出てきましたらご連絡ください。○○さんの幸せを心より祈っております。